CDドライブを使った作品制作中。
作品が動くタイミングは基本的に人感センサで行うつもりだけど、やはり携帯からのアクセスでも動かしたい。主催者からも携帯でコントロールできないかって言われてるし。

次回会場のO美術館では有線でネットが使えないと言われた。でもこの問題は公衆無線LANで解決するかも。会場付近にアクセスポイントがあるから、そっちの回線を使う。

とりあえず、会場にWebサーバを立ち上げない方法で、携帯を使ってCDトレイオープンができるようにしてみた。
201002041016486384.png
このQRコードで、ウチのPCに接続したCDが開きます。
携帯からのアクセスは去年散々悩んだけど、シンプル&スマートにならないかと考え直したら、なんとWindowsで構築できた!ApacheもRubyも使わずに!
ActivePerlでプログラム組んで、Windowsのアプリを起動させるのがミソ。
LinuxやらMacをUNIXとして使ったりとか今までの苦労は何だったんだろ?
CDドライブを接続するPCへWebサーバを入れないので携帯操作からのタイムラグが気になったけど、今のところ5秒くらいで反応する。
携帯からウチで契約してるレンタルサーバへ作ったサイトへアクセスして、アクセスカウンタに変化があったかどうか、5秒おきにPCのプログラムがチェックし、変化があればCDトレイをオープンさせる仕組み。これならルーターのポート解放とか面倒な設定も必要なし。もしプロバイダのアクセス制限に引っかからなければ、2秒以内のレスポンスも可能。
作品構造部分は10段程度対応(CDドライブ20台以上格納可能)のフレームを製作。
PICT0002.JPG
TOPページへ前のページへ戻る