俺、普段 Windows 使ってるんだけど、知り合いには Macユーザー が多いんだよなあ。先日統計調査を行った結果、周りのコンピュータ所有者、 ほぼ半数がMacユーザーだった。世界的には90%以上がWindowsユーザーなのに、、、

こうなるとMacユーザーを無視できない。

Windowsで作ったデータをCD-RでMacへ渡す時、iso9660にしておけば問題ないよね、 普通は。 でも、これではリソースフォークの情報が入ってないので、 Macで見ると、問題

が起きることがある。例えば、

アイコンが白くなり、ダブルクリックでファイルが開かないことがある。

CDマウント時に自動的にCDのウィンドウが開くようにできない。

ファイルに好きなアイコンを指定できない。

等々、、、

Mac用のデータはMacで作らないとダメ?

Macでも見栄え・使い勝手の良いCDを作成するには、 iso9660&HFSハイブリッド が良い。でも、
Windowsでiso9660&HFSハイブリッドCDを焼けるライティングソフトってあるの?

mkisofs&cdrecordなんてものもあるみたいだけど、使い勝手はどうなんだろう?


そこで思い付いたのが Basilisk II を使い、PC上でエミュレーションしたMacOSでライティングソフトを使う方法。

CD-RドライブはTEAC製 CD-R56S(SCSI)を使用。


※Basilisk II・MacOS・MacCDRの基本的な操作方法は他のサイト・解説書を参考にして下さい。


●付属のユーティリティ、BasiliskIIGUIを起動

b2scsi

●SCSIの項目を設定

・[Replace this...]の[Source...]でCD-Rドライブを選択

・[Install SCSI device:]で使用するSCSI ID をクリック

・[Add...]でCD-Rドライブを選択

b2cdrom

●CD-ROMの項目を設定

・[CD-ROM enabled]にチェックを入れる

・[Installed cd's:]にCD-Rドライブを追加


BasiliskIIでOS8.1を起動し、MacCDR4.1をインストール。

思った通りこれでだけでは使えなかった。

MacCDRを起動しても、CD-Rドライブを認識しない。

CD-ROMドライブとしては認識しているのだが。

まあ、最初はこんなもんだな。

原因不明、、、

CD-Rドライブとの相性?

ドライバーの問題?

MacCDRのトラブル?

このシステムは基本的にMacではないので、MacのFAQも参考にならないぞ。


悩むこと半日。

b2cdr

偶然、 CDメディアを挿入したままMacCDRを起動 すると、なんと、 CD-Rドライブを認識している。 しかし、メディアを取出すと再び認識しなくなる。試行錯誤の末、


ブランクCD-Rメディアを挿入したままMacCDRを起動すると、問題なく使えることを発見。

これで、WindowsからハイブリッドCDが作成できる。あとは、MacCDRのマニュアル通りに作業を進めればOK。


HFSのCDをどんどん焼こう。

TOPページへ前のページへ戻る